秋期企画展 「煎茶の嗜み」開催のご案内

展覧会のご案内です。

不肖私も作品を出品させていただいております。

お時間がございましたら

ご高覧いただくようよろしくお願いします。

貴古窯 今橋剛和

以下はhpより

 

10月24日より、12月5日まで 佛教大学宗教文化ミュージアムにて。

煎茶道―もうひとつの茶道ともよばれる、お茶の世界。

江戸時代の半ば、高遊外売茶翁が供したお茶で、文人の嗜みとして広まりました。

本展覧会では、佛教大学にご出講いただいている小川流煎茶七世家元小川後楽氏のご協力のもと、小川流に受け継がれた心と技を頼りに、風雅な煎茶の魅力をご紹介いたします。

煎茶独特の道具やしつらい、所作、お茶席。そこに具わる美。

小川流では、お茶の旨味を凝縮した数滴を喫す「滴々のお茶」が煎れられます。

そのような、煎茶の歴史・伝統のエッセンスをご堪能ください。

□秋期企画展「煎茶の嗜み」

開催期間:2020年10月24日(土)~12月5日(土) 

10時~17時30分(入館は17時まで) 

入館無料、月曜日休館

会  場:佛教大学宗教文化ミュージアム

 

 

 

貴古のお皿♪

こんなに素敵な演出。さすがです^^

お寿司だってこの通り。

さて、芸術の秋。美味しいものを素敵に演出できたらいいですね!

お久しぶりです

あっという間に秋ですね

炭山の陶房にも日常の毎日が徐々に戻りつつあります。

炭山陶芸の仕事場に小さなパソコンをいただきました。

今日は、ちょっとだけ古い(すみません)パソコンからブログを書く練習とご指導の日でした。

そして、セキュリティのお話。

勉強の日です。


もうすぐ10月(^_-)-☆

一年があっという間ですね。

今日は敬老の日🌷

穏やかな一週間になりますように♪

素敵なシルバーウイークを♡

炭山窯元まつり 2019

気がつけばこの陶器祭りも十数回を重ね、最初は父親の商品が多くを占めていたのに、今日気がつけば、その数もずいぶん少なくなっていた。当然と言えば当然なんだけど、父親の仕事を懐かしがってくれる人もいれば今の自分の仕事を気に入ってくれる人もずいぶん増えたなぁ。と。思えた二日間でした。まだまだ足らないところはたくさんありましたけれど、少しずつ軌道修正しながら前に進めたらいいなと思います。

裕子談
最初は「いらっしゃいませ」が自然と笑顔で言えなかった私でした。
気がつけば、こちらからお客様に声かけしてしまうほど。。商品を包んだり、お金いただいたり、おつりの計算もしています。相手の気持ちを思いやることは大事だなぁと、思います。何歳になっても臨機応変って大事ですね。お天気にも恵まれて感謝です。
キャンディーポットは大盛況でうれしかった。ありがとうございました御礼申し上げます。

 

 

 

水害から。

炭山の水害からようやく。

工事が本格的に!

 

これで、バスが通るぞ!

 

 

たかよし^^

京都大丸 ギャラリーエスパス にて 「マエストロ貴古作陶展」

 

4月

マエストロ貴古作陶展  京都大丸にて

存古楼にもてきてくださった友人が

10歳ぐらい歳をとったみたいと。

このまま展覧会を

今回みたいなスケジュールで

あと 3回続ければ

きっと頭は全部白髪になってしまうだろう。

四代貴古

今橋剛和

 

 

ありがとうございました。

今橋貴古展

3月に展覧会がありました。

 

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

今後ともご指導いただきますよう、よろしくお願いいたします。

今橋剛和